副作用について

副作用の種類

医療用医薬品に指定されているシアリスはED治療に対して効果を十分に発揮する事ができるが、その分副作用が発症する可能性も十分にあるED治療薬になります。医療用医薬品は市販で販売されている一般医薬品とは違い、効果に特化しているメリットがある一方で副作用が出やすいというデメリットがあるのです。そのため、医師の処方せんが必要であり、自分に合った分量を調節してくれるのです。

シアリスに副作用があるとはいったものの、他のED治療薬と比べた場合はその副作用の発症率は極めて低い結果であると分かっています。従来のバイアグラやレビトラの副作用の発症率は9割前後になります。10人服用すれば9人に副作用が出ということであり、副作用が出るものだという認識の元服用するようです。しかし、シアリスの副作用の発症率は3割程度と非常に低い結果であります。

また、有効成分は違いますが勃起を促す効果自体は同じであるため、副作用の種類はほとんど同じになりますが、その副作用の強さもシアリスの方が優しいという結果があります。その理由は、バイアグラやレビトラの有効成分が一気に体に吸収され効果を高めるのとは違い、シアリスの有効成分はゆっくり緩やかに体に吸収されるため、体の負担が少ないことがあげられます。早く吸収されれば大きく効果がでるものの副作用も大きく出る可能性が増え、逆にユックリ吸収されれば効果も優しく副作用も優しくでるということになります。

一番多い副作用は顔のほてりや頭痛、鼻詰まりになります。その他には、ほてり・下痢・消化不良・鼻水・視覚への影響などがありますが、それらの副作用も効果が切れる時に一緒に切れます。